インターネットで食品を販売する場合必要なこと

インターネットで食品を販売するに当たっての資格や許可

いよいよ到来インターネットで食品が買える

なんと今まではその性格から購入できないと思われていた食料品までインターネットで買えるようになったのです。
やはり食料品は生ものなのでネットで購入するというイメージはほとんど浮かばなかったのですが、流通の大幅な進歩によって手軽に購入が可能になりました。
これには流通業界の大幅な進歩抜きではありえなかったことでしょう。
現在ではネットショップにスーパーやデパートなども参入し買いやすさが急速に広まり、もうネットで買えないものはないのではといった勢いで日々進歩しています。
また今までそういった理由から手をつけてこなかったネットショップも積極的に食料品を扱うお店が増えてきました。
日用品から食品まですべてのものがクリックひとつで自宅に届くのです。

食品を販売する際必要になる許可、資格

ただ、実際のお店もそうですが食料品に関してはそのまますぐに販売することはできません、国の許可が必要になります。
これはインンターネットの場合も同様で、国の許可があって初めて販売が可能になります。
まず販売のための資格を取得しなければならないです、食品衛生責任者という資格を試験を受けて取得しなくてはなりません。
保険所で講習を有る程度受けて、試験に合格して初めて資格が取得できます、ただそんなに難しい試験では無いようなので資格は鳥や巣と思います。食品衛生法に基づく営業許可書食品衛生法に基づく営業許可書
次に食品衛生法に基づく営業許可を取得する必要があります、これは保健所に申請をして食品衛生法に基づく営業許可書をもらいます。
これで初めてインターネットショップで食料品が販売できるようになります。
しっかり確認をして販売する側は許可を得てから販売に望みましょう。


Share!
B!

ページTOPへ